よくある質問


「WEE」とは我々みんなという意味が込められ麻の有効成分を通じ、美容であれば皆様の綺麗になった姿、健康であれば皆様の生き生きとしている姿を想像(創造)し、健やかな毎日の手助けをする、麻由来の製品で世界の健康、美容、生きる歓びに貢献し、新しい時代を切り開いていくことを信念としています。


麻(カンナビス)とは、繊維や食用(麻の実等)として使用する産業用大麻と呼ばれるものと、海外で医療目的とした医療大麻というものが存在します。医療大麻では、カンナビノイドという成分に着目し、従来の医薬品の代替えになる可能性が期待されており、その中に主成分として「CBD」が存在します。弊社の製品は、医薬品の代替えになる可能性があると言われるカンナビノイドを使用した製品(サプリ、健康食品、化粧品等)を販売しております。(THCは含まれておりません)
また、日本で大麻と呼ばれ薬物として指定されている物は、大麻の花冠や葉に含まれる「THC」という成分になります。現在は、品種改良がすすめられ、「THC」がほぼ含まれない品種なども存在しています。
また、日本での大麻は古くからしめ縄、神事のお祓いの大幣(おおぬさ)などに用いられてきました。


弊社『CANNABIS JAPAN』は科学名「カンナビス・サティバエル」と呼ばれる麻の有効成分を利用した製品の開発、販売を行なっている会社です。また社名のCANNABISとは『大麻』ではなく産業用のヘンプやCBDなどの有用成分を 含む麻の全てを総称した麻の化学名『カンナビス・サティバエル』から由来しています。我々『CANNABIS JAPAN』は様々な麻の有用性を活用し、『本当に良い物を必要としている人の元へ届ける』事を目的としています。また多くの方が誤解している麻への 偏見を良い製品の普及により払拭し、売上の一部をSDGs(持続可能な開発目標)に 掲げてある地球上で問題とされている課題の解決に取り組む活動へ寄付、ボランティアを行う事で社会や地球へ貢献します。また日本国内での大麻の合法化についての立場は中立で賛成も反対の立場もとりません。法律を遵守し、また我々が扱う製品、一切の発言・行動については、違法薬物の使用を推進するものでは決してありません。


現在日本で、禁止されているのは麻の花冠と葉の部分からとれた「THC」という成分になり、茎や種から抽出された「CBD」は大麻取締法含む規制対象ではありません。弊社は茎や種から抽出された「CBD」原料を検査、申請し、承認を受けた原料の輸入を行なっています。


CBDとはカンナビジオールと呼ばれ大麻に含まれるカンナビノイドと言われる有用成分の1つになります。
2017年にWHO(世界保健機関)は「CBDは多くの試験から良好な安全性の特徴、容認性があり、乱用や依存、身体依存、耐性は見られない。またCBD広く医療への応用の可能性があるとみなされている一臨床報告によると、副作用が少なく、特に向精神作用がなく、精神運動学習や心理的な機能に影響がない事などがその理由である、医薬品として治験が完了しているものがあり、規制緩和した国が見られる。との発表がされています、WHOは更に『麻自体の規制』について、国連に対して規制緩和の勧告をしています。


日本では違法とされている「THC」と、医療目的や健康、美容などで注目されている「CBD」の違いは、第一にCBDは非精神活性です。CBDを摂取することにより陶酔感などの作用が出る事はありません。「CBD」の主な用途は、医療目的、健康や美容に利用される事が多いです。
一方「THC」とは、テトラヒドロカンナビノールと呼ばれ、陶酔感を生み出す成分として知られています。カナダなどの合法な国等では「THC」を含む麻が嗜好品として使用されている地域もあります。日本では、「THC」は違法成分とされており大麻取締法により規制されています。また、日本では違法な成分ですが「THC」も様々な疾患に効果があると研究が進んでいます。国際的には、THC含有量が0.3%以下は規制の対象にではありません。


CBDオイルは、産業用ヘンプ植物の成熟した茎やタネから抽出して得られるオイルになります。天然由来の希少なカンナビノイドとテルペン類が豊富に含まれた製品なります。弊社のCBDオイル+はそこにCBDパウダーを1000mg配合(アイソレート+フルスペクトラム)を加え更に高級食材であるツバメの巣や有効成分として有名なベータカリオフィレンなどが含まれています。


CBDは不安感、吐き気、不眠症状への対処、てんかんの発作、うつなどの精神病、炎症や陣痛に対する治療に役立つとされています。また、CBDには脳と体の炎症を鎮める、あるいは予防する働きがあります。


直射日光、多音多湿を避け、開封後は15度~30度で保存して下さい。ご使用前によく振ってお使いください。保存期間は1年です。


様々な研究によって、CBDの様々な有用性が報告されているからです。世界で最も使われている医学・生物学系の学術データベース『メッドライン』によると1,000論文以上の研究が行われており、この中で臨床実験を実施して論文になったものは約100疾患あります。


弊社の製品はすべて産業用大麻の茎及び趣旨に由来するCBDを使用しております。輸入時にも十数種類の書類を税関や厚労者に提出し正式な国の許可を得て販売していますので、安心、安全にサプリメントして服用していただくことが可能です。


CBDの摂取方法は大きく分けて、飲むタイプのCBDオイルと蒸発摂取をするリキッドやワックスといわれるものがあります。弊社の『CBDオイル+』は飲むタイプのCBDオイルとなります。


天然成分由来のカンナビノイドは、安全な植物性科学成分であるため、一般的に言われているような副作用の報告例はございません、ただし、ごく稀にアレルギー反応を引き起こす方がいらっしゃいます。その場合、ヘンプシードオイルがアレルギー反応を誘発する恐れがあると言われています。