CBDについて

「CBD」について

世界が注目
麻の注目成分CBDとは何か?

CBD(カンナビジオール-Cannabidiol-)は麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる成分の1つです。このカンナビノイドと呼ばれる成分は人間の体内でも生産されており、それらを内因性カンナビノイドと言います。人間の体内で生産されるカンナビノイドを利用して、食欲、気分、睡眠など毎日の生活に必要な機能をコントロールしているのがエンドカンナビノイドシステム(ECS)と言われています。CBDは植物性カンナビノイドの為、体内のエンドカンナビノイドシステム作用しエンドカンナビノイドシステムをサポートします。

カンナビノイドとは

カンナビノイドとは、薬用植物であるアサ(大麻)に含まれている生理活性物質の総称です。生理活性物質は、微量でも生物の生理や行動に特徴的な作用を示し身体の働きを調整します。そのため、カンナビノイドも微量で生物の体に様々な作用を及ぼします。アサに含まれる生理活性物質の総称であるカンナビノイドは「植物性(植物由来)カンナビノイド」と呼ばれることもあります。実は、アサにはカンナビノイド以外にも500種類以上の化合物が含まれており、その中でもカンナビノイドは104種類が確認されています。